日本も地域によって毛深さが違う?驚きの統計データも

ヘッダー画像

グローバルで見る男性脱毛の常識

タトゥーや自転車が一般的である海外諸国では男性脱毛は当たり前の事であり、日本人男性とは大きく意識が異なります。また、アンダーヘアには特に拘りがあり、ツルツルがスタンダードと言っても過言ではありません。

日本のメンズ脱毛は遅れている?

世界と日本では、男性の「脱毛」に関する意識が大きく異なります。
脱毛=身だしなみというのは世界共通ですが、海外諸国では日本の男性とは次の点で違いがあります。

アンダーヘアへの拘り

海外ではアンダーヘア専門の美容院があるほど、男性も女性もアンダーヘアに対し拘りを持っています。
女性は「整える又はツルツルに処理する」という二択なのに対し、男性は「全部処理する」一択である点です。
そのため、ブラジリアンワックスを用いて自身で処理する事が多くなっており医療脱毛が主流である日本男性と大きく異なる点でもあります。

タトゥーが一般的

タトゥーを入れている外国人女性

日本では“タトゥー=不良”というイメージが強く、タトゥーがある時点でプールや温泉等の公衆施設の利用が制限されてしまい、第三者からの目もかなり厳しくなっています。
先日では大阪市の職員が入れ墨を入れていた事により人事異動や懲戒処分等が行われたほど日本では悪いイメージが定着し、非常に厳しいと言わざるを得ません。
海外男性が脱毛を行う理由の一つとして、日本に比べて「タトゥーに対して寛容であるため、ファッションとして取り入れる人が多い」という点が挙げられます。
タトゥーをより美しく見せるために、全身を脱毛してしまう男性が多いようです。

“肉体”に対する意識

筋肉を鍛えている外国人男性

ヨーロッパ・アメリカ・南米等の男性と日本人は根本的に肉体に対する意識が違います。
男性は体を鍛える人が日本人に比べて多く、スポーツ選手を見てもその肉体の差は明らかでしょう。

もちろん、女性の好みも影響しています。
日本人女性はあまりゴリゴリなマッチョよりも「細マッチョ」「痩せマッチョ」といった軽く筋肉が付いた男性かつ中性的な感じの男性に人気が集中。
しかし、海外では痩せている男性よりも「ゴツい」男性の方が人気あり、腹筋バキバキの胸筋モリモリの男性に惹かれる傾向にあります。
ただし「ツルツル肌の方が良い」という点については共通しており、身体をより美しく見せるために脱毛する事が多いようです。

日本人よりも体毛は濃い?

体毛が濃い外国人男性

海外男性は毛が濃いイメージがありませんか?
日本と同じく、毛が濃い男性と薄い男性がいますが、日本に比べて前者に当たる方が多い傾向にあります。
胸毛、腕毛はイメージ通り濃い男性が多いですが、もみあげや髭に関しても非常に毛の量が多いケースが目立ちます。

日本も負けてはいない!

世界地域別「男性の毛の濃さ」

こちらは世界の「体毛の濃さ」を色で分類した図です。
ご覧の通り「中東」を始めとしてアメリカ、ヨーロッパ圏では遺伝子的に非常に体毛が濃い事が分かって頂けると存じます。

しかし、よく見て下さい。
日本でも黒い箇所があります!
それはなんと「北海道」。
比較的毛が少ないとみられるアジア諸国の中でもダントツに高い水準となっており、アジアナンバーワンの体毛の多さです。

日本人の中では体毛が濃いエリア・北海道

「アイヌ民族」が、寒さから身を守るために毛が発展したとみられているのは有名な話ですが、北海道に住む方はこの民族の血を引いている方が多い事が理由かもしれません。

メンズ脱毛は日本の方が優秀

手っ取り早く根こそぎ毛を除去出来るため、世界の男性脱毛は主に「ブラジリアンワックス」が用いられております が、メンズサロンがほとんど無い為、自身でワックスを買って処理を行うという流れが主流です。
もちろん医療レーザー脱毛という方法もありますが、一部のエステサロン等でのみ用いられている脱毛方法であり、男性がこの方法で脱毛する事はほぼありません。

医療脱毛がここまで安いのは日本だけ

日本の医療脱毛は最先端

前述した通り、海外諸国では医療脱毛が男性に用いられるのは一般的ではありません。
そのため「男性サロン」という概念も確立されておらず、全身を医療脱毛しようと考えると、それに要する費用は数百万円にも及ぶとみられています。
(なお、エステサロンの脱毛方法としてはニードル脱毛が主流となっているようです。)
いずれにせよ、全身を脱毛するのに40万円前後で済むという点を鑑みると、日本は非常にメンズ脱毛が進んでいる国であると言って良いでしょう。

Copyright©2018メンズ脱毛サロンを全国検索 All Rights Reserved.