現状では保険適応の事例はなし!自由診療に分類される脱毛

ヘッダー画像

多毛症で保険適用は嘘?診療に当たるかが争点

多毛症と診断されれば保険が効くという噂が広がっていますが、実際にメンズサロンへ問い合わせたところ、医療脱毛で保険が適用されるケースはほぼ無いようです。

永久脱毛に保険は適用される?

医療脱毛に保険が適用されるか検証

「医療」脱毛というくらいなので保険が適用されるのでは?とお考えの方は多いのではないでしょうか。
今回は脱毛で保険が適用されるケースについて調査したいと思います。
まずは「診療」に関する定義や適用される治療の範囲についておさらいです。

保険診療と自由診療の違い

メンズ脱毛について説明するドクター

診療には大きく分けて保険診療と自由診療の2つが存在します。
保険診療とは“体の機能回復を目的とした診療や治療”に該当するもので、自由診療“より患者の希望に対応したもの”に該当する範囲の診療を指します。

つまり、怪我や病気を治すための治療が「保険診療」、歯の矯正治療や整形手術といった怪我や病気となったわけではないが、患者が自身のために希望する医療行為については「自由診療」といった形で分類されるのです。

保険診療は一部を国が負担してくれる

保険の種類によって異なりますが、保険診療の場合、治療費の一部は国や地方公共団体が負担してくれます。
例えば3割負担というものであれば10,000円の診療費の内の30%に当たる3,000円を、1割負担であれば1,000円だけを支払えば良いという制度です。
毎月支払う保険料は所得に応じて変動し、所得が低くても高くても皆が平等に医療を受けられる素晴らしい制度と言って良いでしょう。

脱毛は原則自由診療

脱毛は保険診療か、自由診療か?
どちらに該当するかにより、費用は大きく異なります。
脱毛は外見的なものを変化させる見方が大きく、「体の機能回復を目的とした診療や治療」には当たらず“自由診療に該当する”というのが国としての見解であり、残念ながら現状では保険は適用されないという結論になります。

しかし、脱毛は美容という側面が強いと思われがちではありますが、コンプレックスを改善し、前向きな気持ちにさせるという観点から見ると、精神面にも強く影響する側面も持ち合わせており、保険が適用されるのはさほど遠く無いのでは?、と思えてなりません。

多毛症で適用されたケースはある?

髭の濃い男性

実際に調査した所、多毛症で保険が適用されたというケースは確認できませんでした。
数百万人に一人と呼ばれるほどの奇病である「オオカミ男症候群」のような病気でもない限りは自由診療の域を出ないものと考えられます。
まれに「多毛症専門クリニック」を謳うサロンを目にする事がありますが、恐らく「保険適用出来ます」という記載は無いかと存じます。
脱毛する、という観点ではまだまだ日本は後退していると言って良いでしょう。

火傷・炎症を起こした場合は適用される

脱毛=保険適用外

という点につきましては繰り返しお伝えしてきましたが、治療の結果、肌が荒れてしまった、火傷を負ってしまったといったケースであれば、保険診療に該当します。
つまり、考えたくはありませんが、医療脱毛により何かしらのトラブルが生じた場合にのみ保険が適用されるのです。

メンズ脱毛で荒れてしまった肌

※軽度の火傷を負ってしまった状態の肌

男・女等の性別は関係ない

もちろんですが、女性の脱毛だから、男性の脱毛だから、といったような性別による違いはありません。
ただし、女性の方が男性よりもデリケートで肌が荒れやすく、アフターケアで保険診療を受けたり、クリームや薬を処方したりするケースが多いようですので、男性よりも女性の方が最終的には費用が掛かってしまう傾向にあります。

結論

永久脱毛では保険は適用されない。
多毛症である場合や脱毛の際に起きたトラブルに関してはこの限りでない。

永久脱毛を検討している場合には上記を頭に入れておきましょう。

Copyright©2018メンズ脱毛サロンを全国検索 All Rights Reserved.